--年--月--日(--)--時--分 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
スポンサー広告 l top
2009年09月29日(火)01時16分 
会話の練習を始めて2週間近く経ちました。

1.
ゼロからスタート English (イングリッシュ) 2009年 10月号 [雑誌]ゼロからスタート English (イングリッシュ) 2009年 10月号 [雑誌]
(2009/09/05)
不明

商品詳細を見る

基礎会話の訓練とSHELLYさんのインタビューが載っているとのことで興味を持ち、先日の土曜日に購入してみました。とても基本的な会話のトレーニングができます。現在、2周目をやっています。1周は3日もあればできる程度の量です。

トレーニング方法としては、イラストを見ながら、日本語の指示に従って英語を発話します。構文としてはThere is ...やThis is ...という超基礎から、一般動詞を使ったやや発展的なもの(概ね中学1年レベル?)が例文として掲載されています。

TOEICの学習に慣れてしまうと、どうしても複雑な文章で表現してしまいます。そのため、中々スラスラと思ったことがいえませんでした。しかし、本に掲載されている簡単な構文に限定して発話するように心掛けたところ、徐々に言いたいことが言えるようになってきた気がします。

また、時制を意識して文章を作るのが意外と難しいことに気付きました。過去の出来事もつい現在形にしてしまいます。この辺が感覚的にできるようになれば、TOEICのリスニングなどにおける「ストーリー」が追いやすくなるのではと思います。

暫くこの本で基礎トレを続けます。

2.
NHKラジオ入門ビジネス英語 2009 10 (NHK CD)NHKラジオ入門ビジネス英語 2009 10 (NHK CD)
(2009/09)
不明

商品詳細を見る

上記1.が終了したらこちらに移ります。実用性はこちらの方が高いでしょう。今月号はプレゼン英語なので、そのまま使えるフレーズも結構ありますし。ちなみに購入したのはテキストのみです。

3.
CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試
(2009/06/17)
小石 裕子

商品詳細を見る
[TEST1]
1) 1(9/10) 2(25/30) 3(22/30) 4(23/30) 5(34/40) 6(10/12) 7(47/48)
  (L:79 R:91) → 予想: 840(L:410、R:430)
2) 1(10/10) 2(30/30) 3(27/30) 4(28/30) 5(40/40) 6(12/12) 7(48/48)
  (L:95 R:100) → 予想: 990(L:495、R:495)
3) 1(1/1) 2(18/18) 3(14/16) 4(14/14) 5(22/22) 6(8/8) 7(7/7)
[TEST2]
1) 1(9/10) 2(24/30) 3(28/30) 4(27/30) 5(26/40) 6(11/12) 7(47/48)
  (L:88 R:84) → 予想: 885(L:455、R:430)
[TEST3]
1) 1(10/10) 2(27/30) 3(10/15) 4(--/30) 5(34/40) 6(9/12) 7(--/48)
(※青字が追加分)

一応、細々と実施中です。TEST3のPart1,2は調子が良かったのですが、今日取り組んだPart3はかなり悪い感じ。。体調が良くなかったので基本的な箇所を3問くらい落としてます。体調が良くないときは無理せず復習に徹した方が良さそうですね。。。

スポンサーサイト
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2009年09月22日(火)00時42分 
先日はTOEIC学習を続けていても実践的な英語運用能力が全く無かったという苦い体験について記載しましたが、それ以降、アウトプット型の英語学習法について色々と考えてみました。雑ぱくながら以下に纏めてみたいと思います。


★これまでの学習スタイル★

まずは今までの自分の学習スタイルについて振り返ってみます。基本、自分の学習スタイルは問題集を解いて解説を読むという、「受け身」の学習がメインでした。つまり、

 TOEICの問題を解く → 未知単語を覚える、間違いの理由を分析する 
  → 反復する → 定着を狙う

というものでした。


★これまでの学習スタイルで英会話ができない理由★

このスタイルで英会話が出来るようにならない理由、それは単純に英会話の訓練をしていないからなのですが、もう少し要因をブレークダウンして考察してみたいと思います。

まず、従来型の学習で使っていた脳ミソといえば、

 分析力+暗記力

でしょう。与えられた英文を分解しながら知らない表現を自分にインプットする、という感じでしょうか。これによって、英語の知識を増やすことができ、また読解速度を速めることができたように思います。

では、この学習方法の欠点は何でしょうか?端的に言うと、

 「英語脳が育たない」

ということに尽きると思います(※「育ちにくい」の方が正確ですが敢えてこう書きます)。つまり、

 ・英語を自らの力で組み立てる
 ・英語で感情を表現する

という、基本的な英語の運用能力が鍛えられていなかったことになります。

もっと極端に表現するならば、

  『英語=謎の記号』

と捉えてしまえば、もはやTOEICで得点を上げるためには「英語」などを習得する必要は無く、謎の記号を一生懸命覚えれば良い、という、そういった感覚でしょうか。

自分は確かにTOEICの得点を高めようと努力してきましたが、生身の英語力を高めること無しにTOEICの得点を上げようとしてしまい、いつの間にか『特殊な記号処理の訓練』を積んでしまうようになっていました。


★これからの学習スタイル:アウトプット型★


そこで、これからは「英語を使うこと」を最大の優先事項としたいと思います。

英語のインプット学習では、単に与えられたものを覚えるだけなので「英語」を使う必要はありません。単に記憶力を使うだけです。なので、「ことば」としての英語ではなく、「記号」としての英語を覚えるだけになってしまうものと思います。

このため、「アウトプット」を最優先すべきと思うようになりました。英語でモノを考え、英語でモノを表現する、英語のアウトプットが大前提にあるのが自然と思います。そしてそのサポートとしてインプットが存在する、そういった関係と捉えた方が、英語の運用能力を高めやすいと考えました。

例えばアウトプットの際に言いたいことがうまく表現できず困ってしまった、そういった「問題」を抱えた状態で英語をインプットしたとします。そんなときは、自分の抱える問題点を解決しようと脳ミソが無意識に働いてくれます。そのため、インプットする英語に対する集中力や分解能が通常より大きくなります。すると、自分の抱えていた問題が解決したり、あるいは「使える」表現を見つけたり、そういった体験ができる可能性が一気に高まります。インプットの効果はこんな状況において発揮されるものと思います。逆に、アウトプットを最優先にしておかないと問題意識が低下し、インプットの際の英語が素通りして効果が激減してしまいます。

そんなわけで、常に問題意識を持っておく状態を作るには、アウトプットを最優先にすることが重要と考えました。

つまり、これからは、

 (1)常に英語をアウトプットする癖をつける。
 (2)そのときに感じる表現不足や知識不足をインプットで補う。


というスタイルで英語学習に取り組んで行こうと考えています。


★アウトプット型の学習★

アウトプットの方法としては幾つかあると思います。思いつく範囲では、

 (1)独り言を英語で言う。
 (2)日記を英語で付ける。
 (3)日本語を英語に翻訳する。
 (4)既存の英語のスクリプトを音読、暗唱する。

などでしょうか。

一番初めに思いついたのは、(4)の音読+暗唱、でした。しかしこの方法は結局インプット型の学習です。なので、「暗記力」以外に必要ありません。急に英語を話す必要があったときに感じる、あの『産みの苦しみ』を味わうことはできません。

だからといって、(1)のようなフリートークを英語でやるのはちょっと難しいです。そもそも日本語でやるのも無理があります。2,3回ならネタは思いつきますが、毎日ずっとやり続けるにはかなり苦しいです。また(2)については、日記はじっくりと時間をかけて書くことが多く、とっさの会話での脳ミソフル回転状態を作る訓練とはまた別ものと思っています。もちろん重要な訓練なので将来的には必要になるでしょう。

そこで最も簡単で、かつ『英語脳』をフル活用する方法は、(3)の和文英訳と考え、この一週間ほど実践してみました。まだ試行錯誤の段階ですが、少しやり方を記載しておきます。


★和文英訳によるアウトプット学習の手順★

使用するものは、英文と和文の対訳が付いた教材がベストだと思います。私が利用したのは、『NHKテレビ 3か月トピック英会話』です。会話の訓練の場合は会話の教材が良いでしょう。

大まかな手順は次の通りです。



 (1)日本語の文章を見ながら、英語に翻訳して喋ってみる。
  もちろん会話を意識してリアルタイムに。
  どうしても思いつかない場合でも、自分のできる範囲で無理やり英語で表現するように!
  ちなみに喋る量としては1回1分程度が良いでしょう。

 (2)もう一度、同じ事をやってみる。
  英文は見ない。先ほどつっかえた箇所をより滑らかに。

 (3)さらにもう一度。
  徐々に「自己流」のでたらめ英語の言い回しが定着していくでしょう。

 (4)さらにしつこく好きなだけ繰り返す。
  自分流の英語の言い回しが定着すると共に、自分の英語力の無さをモロに体験できるでしょうか。たしかに部分的にはめちゃくちゃな英語になっていたとしても、英語脳をフル回転して文章を組み立てたはず!それを体感することが目的です。

 (5)次に英語のスクリプトを読んでみる。
  自分の喋った英語との違いをじっくり吟味してみましょう。良くある間違いとしては、

  ・冠詞がおかしい。 →よくある。大したことではない。
  ・動詞の使い方がめちゃくちゃ。 →正しい使い方を知ることができれば儲けモノ。
  ・間違った単語を使ってしまった。 →実戦ではちょっと恥ずかしいがめげない。
  ・文法が完全に崩壊。 →意味が通ればそれで良し。
  ・単語の羅列しかできなかった。 →単語が出ただけ偉い!

  などがあると思います。自分の実力をじっくり確認しましょう。また、

  ・自分の考えた言い回しがスクリプトとほぼ一致した。
  ・自分で頑張って考えた表現より更に良いものがスクリプトにあった。

  などを発見したら、素直に喜んでその表現を覚えましょう。

 (6)飽きるまで英文の音読を実施。
 (7)改めて、(1)から繰り返す。
  スクリプトで覚えた表現を活用し自分流の言い回しを改良する。
  ただし「自分で考えること」と「リアルタイム性」を最優先で!



という感じでしょうか。


★アウトプット型学習の効果★

実際にこのトレーニングをやってみて、英語をできるだけ使わないように怠けていた脳ミソが活性化されてきたような気がします。

まだ実施して1週間程度なので、この方法がどれだけ効果があるかは不明ですが、暫く続けてみたいと思います。

また今後はこの学習のベースとなる教材を見つけていきたいと思います。おそらくNHKラジオのテキスト辺りが適当かな、、、と思っています。

インプットに偏った英語学習を実施されている方は是非お試しください。また何かもっと良さそうなトレーニング方法がありましたら教えてください。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2009年09月16日(水)01時14分 
今日は業務でヨーロッパからのお客さんが来訪しました。私はお客さんに対するプレゼンを任されていたのですが、人数も少なくインフォーマルな応対で良いとのことで、かっちりとしたプレゼンは不要と判断し、ざっとプレゼン資料に目を通した程度で準備を済ませました。TOEICで900点付近を取った実力がどんなものかをちょっと試したいですし。

そして、、、弊社のアテンダントと共にお客さんが会議室に通されました。

軽く挨拶と名刺交換を行い、早速製品の説明をやりました。基本はプレゼン資料の英文をなぞっているだけなのですが、説明を簡略化したり補足したりと、ほんの僅かな違いながらも変化を付けながら説明してみました。

途中でつっかえたりもしましたが、ホントに必要最小限の英語で何とかその場を乗り切りました。デモ実演もやりましたが何とか分かってもらえた感じ。

一通り事が済んだ後、当然ですがいろいろと質問やら議論やらに発展するわけですが・・・

はい、、、当然ですが撃沈です。全く喋れません。言っていることを必死に聞き取るのが精一杯。仮に聞き慣れた専門用語が出てきても、何について質問されているのか、全く判断がつかないこともしばしば。結局のところ、理解できて回答が可能な、ごく限られた範囲についてのみ対応するに留め、あとは完全にアテンダントにお任せしてしまいました。

何が辛いかって、単語が思いつかないし、文章が構築できないし、言葉が思いついた頃には別の話題になっているし、思いついてもうまく発話できないし、・・・。全くもって、英語運用能力は0でした。会話の訓練を疎かにしているので、かなり当たり前のことなんですが。

そして更に当たり前のことですが、どんなにTOEICの問題集をたくさん解いても、永遠に会話はできるようにはなりません。今回の経験で確信しました。仮に将来満点を取れるようなことがあったとしても、現状のような学習を続けている限り、英語ができない人という扱いを受けることに変わりは無いでしょう。

こういった機会を通じて自分の立ち位置に気付き、今までやってきたことの方向性の良し悪しが確認できたという意味ではかなり貴重な良い経験だったと思います。おそらく、熱心にTOEICの学習をやっていなかったら、「とりあえず一難去った」という程度で何も感じられなかったように思います。

ちなみに、アテンダントの日本人はものすごく英語の出来る人でした。発音はネイティブとまでは行かないにしても日本人とは気付かないレベルで、さらに流暢さはネイティブと同じ感じ。ほぼ確実に帰国子女と思われます。技術の内容についてはほとんど知らないようだったので、英語力を買われてアテンダントにアサインされたのでしょう。その実力は本当に羨ましい限りです。自分もそこまで限りなく近づけるよう努力していきたいと思いました。

そんなわけで、現状の学習では実用性の高い英語力というものが身に付かないという考えに至りました。限られた学習時間を有効活用すべく、自分の置かれる状況に見合った実力というものを優先して習得すべきと思います。

そこでこれからは、唐突ながらTOEICはいわゆる「座学」と捉えることにします。スポーツに例えるならルールや戦術、そして一部の基礎トレを教本から学ぶことに相当するでしょう。今のような「座学」だけでは単なる知識の習得で終わってしまいます。そこでパターン練や実戦に相当することを常日頃からやるべきと思います。そうしないと強い選手にはなれません。また大会で上位入賞なんてのもモチベーション維持に役立つと思います。

これらを纏めると、

 (1)TOEIC教材の学習 = 座学(教本の習得)
 (2)教材を通じた音読、暗唱、ディクテーション、作文等 = 基礎トレ(素振りやノック)
 (3)実世界での会話、英文執筆等 = 練習試合、大会出場

といったところでしょうか(概念の違うものを比較対象に並べているので奇異な感じがありますが御容赦を)。

正直、今は(1)しかやっていません。だから今日のような苦い経験をするのだと思います。これからは、(2)(3)の優先順位を飛躍的に高めていきたいです。ただし今はこれを実施する方法論がありません。なので、これからはどのようなやり方が効果的で現実的なものなのか、あれこれ試行錯誤しながら自分の手で探していきたいと思います。

・・・とまあ、そんなことを考えながら、帰りの本屋で「ENGLISH JOURNAL 10月号」を買ってしまいました・・・。そういう発想だから英語力が伸びないのかも。。。教材に頼りすぎ。正直なところ教材は何でもいいはず。重要なのはそこではない。とにかくやることが重要。特に(2)(3)は。ということで、まずは肩慣らしの音読+暗唱と、擬似的な会話(仕方なく一人芝居か)を実践していきたいです。当然ながら(1)もやりますが、今後は試験前のみに限定します。


--------
おまけですが、今日の体験をTOEIC受験時の感触と無理やり比較してみたいと思います(かなり違和感がありますが)。大した分析もしていないので参考にはならないかも知れませんが、興味あれば御一読を。

(TOEICとは違うなあ、、と感じたところ)
 (1)そもそも、質問なのか感想なのか、そこから理解できない。
 (2)会話が短かったり長かったりで、どこまで聞いてリアクションすれば良いか迷う。
 (3)「おそらくこんな感じのことを聞いたのかな?」という勘は当てにならない。
 (4)消去法なんてもってのほか(当たり前だが・・・)。
 (5)設問の先読みができない!(同上・・・・)。

 特に(3)(4)について、TOEICでは各選択肢の内容が大きく異なるので、何となく聞き取れるだけで正解が選べることが多いけれど、現実は設問も選択肢も書かれていない問題を解くようなもの。例えば装置サイズについての質問で、知りたいのは幅か高さかどっちだろう、、、と迷ったりします。特にあれこれと長く会話が続き、その中でどちらにも言及している場合は推測するのは難しいです・・・。

(どちらにもあり得るところ)
 (1)疑問詞や会話の出だしの聞き取りは重要。
 (2)知らない単語が出てくると慌てるが、知っているつもりで慌てずその先を理解する。
 (3)一度集中力が途切れると中々戻らず、それ以降はほぼ理解できない。

 そもそもTOEICの会話が聞き取れない場合、実世界でも当然聞き取れません。なので、少なくともTOEICのリスニングでは満点を取れるよう基礎訓練をしていきたいですね。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (2) トラックバック (0) l top
2009年09月14日(月)22時49分 
昨日の日曜日はTOEICの日でした。

・10時前:
起床して外出準備を。そして少しだけ教材を進める。

・11時:
外出。今取り組んでいる教材の絞り込み反復(3周目)を電車内で実施。
会場は某○大学。バスで10分のところにある。しかし、人が多いなあ・・・。

・12時10分:
受付を済ませ、席に着く。
教材をパラパラと捲りながら、チョコレートを一つ、口に放り込む。エネルギーが切れなければ良いが。

暫くしてインストラクションが始まり、受験票等のチェックを行う。途中の休憩時間にトイレへ。何となく教室が寒く、トイレが近い感じ。家でたっぷりお茶を飲んだのはまずかったか。

・13時:
試験開始。今回のフォームは、4FIC20というもの。マイナーだそうです。。
以下、受験の感触を。

★Part1
 出だしの問1が全く聞き取れず。歩道のようなところで、男性が細長い何かを持っているようだ。そしてそこから水らしきものが噴射されているようにも見える。で、「男性が・・・を持っている」だとか、「男性が歩道で・・・だ」だとか、2つほどそれらしき文章が曖昧な感じで聞こえた。良く分からなかったので適当に回答。

 結局、3問くらいは適当にやった気がする。まずい!!

★Part2
 概ね順調。おそらく、3問くらい分からなかったような感じか。なので9割くらいは出来たかと。

★Part3
 今回はかなり迷う選択肢があったので、途中あおられてしまった・・・。3,4問は問題の先読みができず。7割くらい出来ていたら嬉しいのだが。。。

★Part4
 こちらは、ストーリーがあやふやな問題が1,2つあり、さらに先読みできない問題も2問くらいあった。概ねPart3と同じくらいの感触。7割程度でしょう。

★Part5
 前半は簡単な問題だったような。後半、選択肢4つすべて知らない問題に出会う。後半に行くにつれて、何となくあやふやな回答が増えていった感じ。7.5割くらいの出来でしょうか。

★Part6
 基本的な時制の問題で悩んだりと、かなり危険な香りが。「deteriorate」なんてのも出てきましたね。何度か見たはずなのに意味が分からず。でも見かけたことのある単語だったので、きっと良く出てくるのだろうと思って選択しておきました。他のブログによるとこれが正解だったようで一安心。だが英語力的には大問題ですよね・・・。こちらは8,9問取れれば良いかも。

 ここを終えた時点で、残り53分くらいかな?

★Part7
 概ね解けたように思います。ただ今回は読みにくい文章が多かった気もします。たとえば後半のDPで、仕事に応募した人宛に書かれたメールと、なぜか会社の研修のスケジュールが並んでいるような問題がありました。スケジュールにはコメント欄があり、「レポートはすべて提出済み」とか、「ソフトウエアの研修はやらず、代わりに・・・をやった」、などが記されています。で、「この応募者がやっていないことは何?」という設問がありましたが、「レポートを出すこと」、「ソフトの研修を受けること」という選択肢でずっと悩みました。

 レポートは提出済みとあるけど、これは過去に出したってことで、今日ではないのかな??それから、ソフトの研修はやっていない、とあるけど、なぜスケジュール表に「15:00 ソフトの研修」って書いてあるの?? ・・・といった感じで、ぐるぐる悩みました。

 で、結局、レポートは今日出したということだろう、、、と自分で納得して回答しました。

 全体的には9割くらいできたと思います。でも時間が掛かったので、数十秒しか時間が余りませんでした。

 それから、案の定後半はトイレに行きたくてしょうがありませんでした。。体調はしっかり整えないとだめですね。

★予想得点と総評
 今回、リスニングでかなりロスをしたように思います。Part2だけは良く出来た感じなので、400点は超えていくでしょう。でもここ1年のうちで一番出来が悪い気がしています。またリーディングはPart5の後半とPart6は曖昧回答が多かったのでなんともいえませんが、Part7ではそこそこ取れたと思います。

 今回の感触と、過去の得点とを比較すると、リスニングはここ1年の中では悪い方かと。リーディングは過去最高よりやや低い、そんな感じでしょうか。そんなわけで、予想得点は、

   T:870(L:430、R:440)

としておきます。リスニングはもっと低いような気もしますが、過去の得点を見るとそこまでは下がらないようです。リーディングは良く分かりませんが、過去第二位となるように設定しました。

--------

受験後は何とかトイレに駆け込み、それから帰りのバスが出るバス停へ。しかし大行列。。。30分近く待たされました。でも歩いて帰るともっと掛かるので、待って正解でしょう。

家に帰ってビールで一服した後、スポーツをやりに行きました。気晴らしはいいもんですね!帰りは飲み会に参加して盛り上がったのですが、その分疲労が残ってしまいました・・・。

暫くは英語の勉強時間をちょっと減らし、しっかり休息を取ろうと思います。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
TOEIC l コメント (0) トラックバック (0) l top
2009年09月13日(日)01時45分 
本日の学習の続きです。

1.
CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試
(2009/06/17)
小石 裕子

商品詳細を見る

[TEST1]
1) 1(9/10) 2(25/30) 3(22/30) 4(23/30) 5(34/40) 6(10/12) 7(47/48)
  (L:79 R:91) → 予想: 840(L:410、R:430)
2) 1(10/10) 2(30/30) 3(27/30) 4(28/30) 5(40/40) 6(12/12) 7(48/48)
  (L:95 R:100) → 予想: 990(L:495、R:495)
3) 1(1/1) 2(18/18) 3(14/16) 4(14/14) 5(22/22) 6(8/8) 7(--/--)
[TEST2]
1) 1(9/10) 2(24/30) 3(28/30) 4(27/30) 5(26/40) 6(11/12) 7(47/48)
  (L:88 R:84) → 予想: 885(L:455、R:430)
(※青字が追加分)

TEST1の3周目をやりました。今回は絞り込み反復法です。Part7を残すのみとなりましたが、あまり無理せず、明日の試験前、午前中の1時間くらいでやろうと思います。

受験の必携アイテムであるマスクもチョコレートも用意したし、準備は万端でしょう。あとは時間通りに会場に行って、楽しく試験を受けられたらと思います!
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2009年09月12日(土)15時00分 
ついに試験前日ですね。体調を整えつつ、どこまで追い込めるかが勝負どころです。

1.
CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試
(2009/06/17)
小石 裕子

商品詳細を見る

[TEST1]
1) 1(9/10) 2(25/30) 3(22/30) 4(23/30) 5(34/40) 6(10/12) 7(47/48)
  (L:79 R:91) → 予想: 840(L:410、R:430)
2) 1(10/10) 2(30/30) 3(27/30) 4(28/30) 5(40/40) 6(12/12) 7(48/48)
  (L:95 R:100) → 予想: 990(L:495、R:495)
[TEST2]
1) 1(9/10) 2(24/30) 3(28/30) 4(27/30) 5(26/40) 6(11/12) 7(47/48)
  (L:88 R:84) → 予想: 885(L:455、R:430)

TEST2も1周目が完了です。Part5の出来の悪さがかなり目立ちますが、その他はまずまずと思います。Part7はほぼ完璧。トータルとしては何とか現状と同じくらいの予想得点が出ました。

ただ、リスニングは勘に頼っているところが結構あったので、ちょっと心配。

今日はこれからTEST1の3周目を完了させ、状況に応じて最終調整をやろうと思います。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2009年09月11日(金)01時22分 
1.
CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試
(2009/06/17)
小石 裕子

商品詳細を見る

[TEST1]
1) 1(9/10) 2(25/30) 3(22/30) 4(23/30) 5(34/40) 6(10/12) 7(47/48) (L:79 R:91)
2) 1(10/10) 2(30/30) 3(27/30) 4(28/30) 5(40/40) 6(12/12) 7(48/48) (L:95 R:100)
[TEST2]
1) 1(9/10) 2(24/30) 3(--/30) 4(--/30) 5(26/40) 6(11/12) 7(--/48) (L:-- R:--)

TEST1は2周目完了。リーディングは満点となりました。いきなり3周目をやると短期記憶の力で正解が出るため、ひとまずTEST2に突入です。

リスニングは1周目とほぼ同じ感じの出来。やはりこの程度が実力のようです。

で、問題なのがPart5。30問は会社で、残り10問は家での実施でしたが、、、

  会社学習: 正解率60%(18/30)
  自宅学習: 正解率80%(8/10)

この差はナニ??
とりあえず、14問の不正解をすべてリストアップします・・・。


(1) be subject to <X> : 「Xの対象となる」
 うろ覚えもいいところ。何度もやったはずなのに。
基本的に、subjectは「~に支配される」という意味の形容詞らしいです。よって、

   <A> is subject to <X> → <A>は<X>に支配され、<X>から逃げられない。

という様子をイメージすれば何となく理解できそう。例としては、

   <契約> is subject to <法律> → 契約は、法律に従うものである。
   <地域> is subject to <地震> → 地域は、地震が起こりやすい。

間違えた理由は、別の選択肢に惑わされたので。それは「adhere」です。
   ・<人> adhere to <X> : 「人はXに拘る、Xを忠実に守る、固執する」
 adhereは「べったりとくっつく」という意味の自動詞だそうです。Xに拘りを持った人がしつこくべったり執着する様子を浮かべると良いかも。コレステロールが血管内にべったりくっつく様子を表すこともできるようです。

(2) <人> participating in ... : 「...に参加する人」
 なぜ間違えたか。それは、
   <人> who will participate in ...  : 「...にこれから参加する人」
のwhoが省略できると思ったから。今までこんなの間違えてたかなぁ~!?

(3) eligible <名詞> : 「規定にあった<名詞>、適格な<名詞>」
 はい、TOEICに頻出の「eligible」です。
   <人> be eligible for <X> : 「人はXを得る資格がある、Xにふさわしい」
ですね。普通に名詞を修飾する形で見かけたのは初めてだったので、引っ掛けだと思いました・・・。

(4) <医療行為> were administered to <人> : 「医療行為が人々に行われた」
 administerは、医療行為を行うときにも使えるらしいです。コンピュータシステムの管理運用だけではありません。

(5) Hardly <V> <S> before ... : 「<S>が<V>するや否や、...する」
 この構文、どこかで習うものなんでしょうか?? 受験英語ならお手上げですが。

(6) partly because of ... : 「一部は...のせいである」
 partlyがbecause以下を修飾することがあるようです。

(7) thank you to <人> for <X> : 「人がXをやったことにありがとうと言う」
 この問題、解いた記憶がありません。。。

 はい、業務に戻ろうと慌てていたので一問飛ばして解いてました。会社学習の正解率の低さはこんなところにあるような気がしてなりません。

(8) in celebration of <A> : 「Aを祝って」
 この場合は in です。お祝いムードの中に居るようなイメージ??

(9) decreased by 5% : 「5%ほど減少した」
 他の前置詞との兼ね合いでbyが選択できませんでした。慌てて選んで失敗。

(10) <S> is less dense than ... : 「<S>は...より密度が低い」
 moreやlessがあるのに、さらに形容詞を比較級にして間違えました。

(11) <荷物> was delivered to <場所> : 「荷物が場所に運ばれた」
 deliverと荷物との関係を考えればすぐに分かるはずですが、深読みして間違えました。

(12) bail out <X> : 「金銭的に<X>を救済する」
 これには、「X(被告人)を保釈する」という意味もあるようです。

(13) be sued for malpractice : 「医療過誤のせいで訴えられる」
 主語がDr.XYZとなっているのですが、なぜ医療過誤のみが正解になるのか、良く分かりませんでした。。。Dr.は医者だけではないはずなので。

(14) in the edge over <他社> : 「他社に勝る競争力」
 どこかでやったような気がしましたが、、、記憶が抜けてしまっているようです。



正直、問題が難しいようにも思いましたが、ここまで間違えてしまうともはや900点を狙うレベルではない気がしてなりません。。。でも、こんなことでメゲている場合ではありませんね。

あと3日、できる限りのことをやって試験に臨みます!
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (2) トラックバック (0) l top
2009年09月07日(月)00時36分 
1.
CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試
(2009/06/17)
小石 裕子

商品詳細を見る

[TEST1]
1) 1(9/10) 2(25/30) 3(22/30) 4(23/30) 5(34/40) 6(10/12) 7(47/48) (L:79 R:91)
2) 1(10/10) 2(30/30) 3(27/30) 4(28/30) 5(40/40) 6(12/12) 7(--/48) (L:95 R:---)

2周目のPart3~6まで。

リスニングは1周目で解答をあまり読まなかったのでやや間違えてますが健闘したかと。今回は解答を通読しました。結構時間掛かりますね。。。

リーディングP5,6は昨日不正解箇所を纏めただけあって全問正解です。

Part7まで終わらなかったですが、少し日を空けないと短期記憶のみで終わってしまいそう。なので2周目が終わったらTEST2に進みます。それも2周ほどやってから試験本番を迎えたいです。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2009年09月06日(日)00時29分 
1.
CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試
(2009/06/17)
小石 裕子

商品詳細を見る

[TEST1]
1) 1(9/10) 2(25/30) 3(22/30) 4(23/30) 5(34/40) 6(10/12) 7(47/48) (L:79 R:91)
2) 1(10/10) 2(30/30) 3(--/30) 4(--/30) 5(--/40) 6(--/12) 7(--/48) (L:--- R:---)

Part2まで実施しました。ぎりぎりで全問正解。1周目は解説をほぼ読まなかったので怪しい箇所はそのままでしたが、正解を選べる程度には聞き取れるようになってました。

明日は2周目のPart7まで、一気に進めたいです。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2009年09月05日(土)14時12分 
再び体調が低迷してきました。。風邪をもらってしまった模様。せっかく咳がだいぶ減ったのに。。

1.
CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試
(2009/06/17)
小石 裕子

商品詳細を見る

[TEST1]
1) 1(9/10) 2(25/30) 3(22/30) 4(23/30) 5(34/40) 6(10/12) 7(47/48) L(79) R(91)
  換算得点: 840(L:410、R:430)

今日の10:00-14:00でリーディングセクションをやりました。
相変わらず文法の出来が悪いです。分析の結果、語彙で引っかかっています。
Part5と6で間違った箇所はこれ↓

(Part5)
 ・on display: 展示されて (熟語)
 ・a remote possibility: 僅かな可能性 (単語)
 ・step up efforts: 努力を強化する (熟語)
 ・noted aerospace analysts: 有名な航空宇宙アナリスト (単語)
 ・the wear of roads: 道路の磨耗 (単語)
 ・the third airline to shut down: 閉鎖した3番目の航空会社 (文法)
(Part6)
 ・be held responsible for ~: ~の責任を問われる (単語)
 ・a preferred customer: お得意客 (単語)

8問中7問は語彙でのミス。知識不足ってやつでしょうか。「お得意客」は過去に何度も出てきましたが間違えました。「on display」と「noted」の他はあまり聞いたことがありませんでした。

一方、Part7は1回の通読でほとんど意味が取れました。サクサク解ける感じが気持ち良いですな。やや簡単なのかも?

ただ換算得点が目標より低いってのは、いただけませんね。

--------

これくらいの期間で1回実施できれば、あと1週間でTEST1は完了できそう。TEST2まで欲張るべきか迷いますが、無理せず反復学習を優先します。

今日の夕方あたりに2周目リスニングをやる予定。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2009年09月04日(金)01時55分 
体調は徐々に回復へ。まだ咳と痰が苦しいですが、治りが早くなるよう濡れマスクで喉の乾燥を和らげています。

1.
CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試
(2009/06/17)
小石 裕子

商品詳細を見る

[TEST1]
1) 1(9/10) 2(25/30) 3(22/30) 4(23/30) 5(--/40) 6(--/12) 7(--/48)

昨日、今日とPart4を取り組みました。体調も徐々に回復し、集中力もだいぶ戻りました。

正解率はイマイチですが、聞き取れる問題は3問しっかり取れています。ただ間違えるときは派手にヤってしまうようで、特に苦手な経済絡みのナレーションにしっかり付いて行くことが目標かと。


2.
英検2級語彙・イディオム問題500 (英検分野別ターゲット)英検2級語彙・イディオム問題500 (英検分野別ターゲット)
(2006/03)
旺文社

商品詳細を見る

1) 1(60/66, 51/54, 25/30) 2(--/90, --/34, --/24) 3(--/72, --/12, -/6, -/6, -/6)
1) 模1(--/20) 模2(--/20) 模3(--/20) 模4(--/20) 模5(--/20)

ようやく仕事にも余裕が出てきたので、休憩中にペースを上げてやってます。今日だけで50問近くやったはず。

英検2級とはいえ、なかなか侮れません。私は受験英語を学校で習う機会が少なかった(英語はほぼ独学した)ため、多くの方が知っているような単語や構文を知らなかったりすることがあります。それを補うには丁度良い教材と思います。

TOEICの得点を直接上げる効果があるかは不明ですが、TOEIC学習中に感じた疑問が解消されたこともあるので、間接的には効果があるように思います。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2009年09月01日(火)01時14分 
体調崩してます・・・。咳が止まらないです。

1.
CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試
(2009/06/17)
小石 裕子

商品詳細を見る

1) 1(9/10) 2(25/30) 3(22/30) 4(--/30) 5(--/40) 6(--/12) 7(--/48)

今日はP3を。怒涛の5問連続ミス。

微妙に体調が悪く、帰宅後は軽く眠ってからの挑戦でした。集中力・記憶力が低下した状態では、この出来の悪さが英語力のせいなのか単なる不調なのか、良く分かりませんでした。

なぜこんな状態で取り組んだかというと、「聞き取れるだろう」という過信と、「ノルマ」をこなして先に進みたいという焦りがあったから。

先に進むのは結構だが、体調管理が先。これを疎かにしてトレーニングなどしてはいけない。

無駄に解説を読んで解答を覚えてしまうのは癪に障るので、ざっと流し読み。正直、何のトレーニングにもなりませんでした。

これを反省し、明日も体調が悪かったらトレーニングは中止します。焦らず進めることが大切。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。