--年--月--日(--)--時--分 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
スポンサー広告 l top
2010年01月08日(金)02時13分 
今年の目標でもあるアウトプット英語の強化に向けて、先日Lang-8(ランゲート)に登録しました。

これは、自分の学習している言語でブログを書き、それをその母国語の人たちに添削してもらうと共に自らも相手のブログを添削するといった形式のSNSで、現在では様々な国の人たちが多数登録しているようです。こちらのTOEICブロガーの中で登録されている方も結構いるようです。

とりあえず4日ほど毎日英語でブログを付けてみました。単に書くだけで誰かが添削してくれるかというと、そうではないようです。基本的に書きっぱなしだと誰にも気付かれずに放置されてしまいます。

なので、まずは母国語が英語で、かつ日本語を勉強している人の日記を検索して添削します。こうすると自分が添削したことが相手に伝わり、その人からメッセージをもらえたり、逆に添削をしてもらえたりもします。まだ始めたばかりなのでほとんど添削してもらってはいないのですが、まずは自ら奉仕しようと思い、地道に他人の添削をシコシコとやって過ごしていました。

そうこうしていると、自分が英語の日記を書く時間よりも他人の添削をやる時間の方が長く掛かったりしていることに気付きました。英語の勉強だったはずなのに、何だか本末転倒ですね。

しかし、それによって得られる価値はかなりのものです。添削してもらえる機会が高まり、直された英語をしっかり吟味して身に付けることができますので。

しかし、意外と日本語を添削するのって難しいんですよね。。。単なる文法ミスなど、意味が分かるものは直しやすいのですが、話の流れが不自然だったり、大元の意味が汲み取れない場合はどのように直してあげれば良いか、かなり悩んでしまいます。逆に、自分の英語をうまく伝えるには、多少冗長な書き方でも良いので言いたいことの流れだけは何とか表現できれば良いのかもしれませんね。小さな文法ミスだけであれば相手が親切に直してくれるでしょう。



また最近のTOEIC学習として、『「直前」模試3回分』の第2回模試から取り組み直すことにしました。昨日はPart1のみをやりました。今までは解説を読んで終わりにしていましたが、今は少し意識を変えています。

つまり、「TOEIC学習はTOEICの得点を上げるためではなく、話せるようになるため、書けるようになるためにやる」ということを意識するようにしてみました。

解説をじっくり読むだけでなく、スクリプトをしっかり音読し、自分がその場にいるような気分になって喋ってみるようにしています。

これはかなり時間の掛かるやり方と思いますが、「今この場でこの表現を身に付けないとマズイ!!」という、なかば切羽詰った意識で取り組むことで、TOEIC学習が英語のアウトプット学習に結びつくものと思っています。
スポンサーサイト
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (0) トラックバック (1) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。