--年--月--日(--)--時--分 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
スポンサー広告 l top
2010年04月10日(土)23時33分 
本日、TOEICのアビメが届いてました。
早速中身を確認しました。

★ABILITIES MEASURED 再掲(過去の結果も併記)★
リスニング(440点)
 要点推測(短文):79%←95%←89%←86%←A0%←92%←89%←86%←79%
 要点推測(長文):91%←90%←86%←91%←87%←91%←84%←90%←96%
 詳細理解(短文):95%←A0%←A0%←89%←90%←A0%←A0%←A0%←88%
 詳細理解(長文):87%←94%←87%←89%←84%←95%←83%←88%←81%
リーディング(455点)
 情報推測:A0%←A0%←A0%←93%←95%←A0%←A0%←94%←81%
 情報理解:A0%←A0%←94%←A0%←94%←A0%←93%←90%←94%
 情報関連:91%←A0%←96%←A0%←84%←89%←A0%←81%←78%
 語彙理解:87%←82%←83%←89%←92%←93%←67%←79%←90%
 文法理解:96%←93%←96%←89%←93%←92%←89%←88%←76%
(過去3回との比較で、青字→最高点、赤字→最低点)
(100%は都合上A0%と表記)

リスニングでは、短い会話での要点推測がうまくできなかったようで、大幅ダウンでした。Part1か2でロスしたのでしょう。全体的にリスニング力が低下している感じでした。

リーディングでは、ダブルパッセージの正解率がやや低下したものの、文法もそこそこ出来たと思います。相変わらず語彙力が低いのは問題ですが。

これからは、スピーキングとリスニングを鍛えるために、音読などに力を入れて学習を進めていきたいです。
スポンサーサイト
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
TOEIC l コメント (3) トラックバック (1) l top
2010年04月05日(月)23時25分 
今日は3月に受験したTOEICの結果が発表される日です。
正午過ぎに早速WEBを見てみると・・・

 結果 → T:895(L:440、R:455)

あれ?? 前回のスコアしか表示されないや・・・
・・・と思ったら、Tが前回と同じでした!全く成長がないですね。。
どれだけ成長がないかというと、過去3回の公開試験のスコアを並べれば一目瞭然、

 前々回(2009/03) 885
 前回(2009/09)  895
 今回(2010/03)  895

という感じです。このギリギリなところで足踏みするっていうのがイヤらしいですよね・・・。
ちなみにIP試験は、

 前々回(2008/12) 940
 前回(2009/06)  895
 今回(2009/11)  940

となっています。
公開とIPとで同じスコア体系だとすれば、年末に向けてスコアが上がり、年明けで元に戻るという図式ですね。。油断は禁物ってところでしょうか。

ここで予想結果と比較してみましょう。

 予想 → T:900(L:470、R:430)
 結果 → T:895(L:440、R:455)

当初、良くできたと思ったLはあまり伸びず、意外とRが良かった感じです。トータルはほぼ予想通りでしたが。

さて、次回の受験は会社のIP試験でしょう。ぜひとも過去最高点が欲しいですね~。
と、そのまえに、どこかでSWテストを受験したいなあ・・・とも思っています。
これからは大学で英語を使う機会が多そうなので、リスニングとスピーキングを鍛えなければなりません。勉強する時間を捻出するのが更に大変になりそうですが、やる気と集中力を磨いて効果を高めていきたいです。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
TOEIC l コメント (1) トラックバック (0) l top
2010年04月03日(土)09時24分 
3月のTOEICが終わってから、TOEIC学習はほとんど実施できていません・・・。

一応、iPodでTOEICテストプラスマガジンの音声は聞いているので、全く何もやっていないというわけではないのですが、少しサボりすぎかも知れません。まあ、月曜日の結果発表の後には大慌てして勉強することにはなるのでしょうけど・・・。

さて、今日から(10年くらいぶりに)大学院生になりました。ということで、早速大学に通ってみました。最近は講義の一部や連絡事項の半分が英語によるものになっていることにかなり驚きました。英語・国際関係や経営関係の学科であればそれも理解できるのですが、実際は技術系の学科で、むしろTOEICの平均点が総じて低いような所なので、なおさら驚きました。周りは留学生だらけ、先生方もかなり流暢な英語を話されるので、これはまずいな、、、と思ってしまいました。幸い、多少はTOEICを頑張ってきた甲斐があって話していることは理解できましたが、自分がそんな感じで話せるようになれるのかというと、まだまだだろうなあ、、、と思います。

こういった教育が若いうちから行われていくことで、少なくとも英語に対する抵抗感は無くなっていくのだと思いました。逆に(私のように)英語コンプレックスを感じている人は萎縮してしまうような気もします。物怖じせずに何でもやっていきましょう、ってことなのかもしれませんが。

これからはもっともっと実用的な英語を鍛えていきたいです。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。