--年--月--日(--)--時--分 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
スポンサー広告 l top
2010年06月02日(水)00時49分 
究極の英語スピーキング〈Vol.1〉最初の1000語×中1レベル英文法究極の英語スピーキング〈Vol.1〉最初の1000語×中1レベル英文法
(2009/02)
辰巳 友昭

商品詳細を見る


最近は1日5分程度の音読をやる程度です・・・。今は別件が忙しいので、もう少し余裕ができたら本気で取り組みたいですね~。

次回のTOEICは会社で受ける6月末のIP試験です。ちょっと勉強できなさそうなので900点を超えるかどうかは微妙ですが、隙間時間をうまく使って肩慣らしをやってから受験したいです。

~~~~~~~~

最近はなかなか忙しくて英語の勉強ができていません。学校のレポートやら資料作りなどに追われまくりです。。。それに加えて本の執筆などもやってましたから、物理的に厳しかったです。

忙しいときは体調を崩しやすいので、最近は体調管理をしっかりやろうと思い立ち、疲労の残りにくい生活習慣というものを考えてみました。

これまでの生活は、朝は8時半に起き、23時頃に家に帰って食事+休憩(TV)、そして2時前くらいまで勉強してから風呂に入って2時半過ぎに眠る、というものでした。睡眠時間は6時間弱で、やや短いものの正常範囲といったところでしょうか。

しかし、よくよく考えると、仕事でへとへとになって帰ってきてからの勉強は、効率が悪いどころか身体に悪いことにようやく気付きました。

人間の身体は交感神経と副交感神経とが交互に活性化されてバランスを取っています。あちこち動き回っていたり何かに集中しているときは交感神経が優位になっており、基本的には興奮状態が保たれるわけです。こんな状況では、眠気を感じることはあまりありません。つまり、休息に必要な神経が鈍っているわけです。

一方、副交感神経が優勢のときは、頭がボーっとして眠くなったり筋肉が緩んだりという、身体を維持するための神経が活発に働きます。

当然、勉強しているときは交感神経がずっと優勢に働いているのですが、こんなときは本当に身体が疲れていても疲れを抑え込んでいる状態になります。つまり、休息を求めている身体のシグナルに鈍感になるのです。

さて、疲れて家に帰ってきて、さらに家で勉強をするとどうなるでしょうか。おそらく頭が興奮状態から抜け出すことができず、身体の疲労に気付かずに勉強を続けてしまうでしょう。

そして、6時間の睡眠で疲れを癒すべく眠りに付くのですが、興奮した交感神経はすぐに落ち着きを取り戻せません。つまり、蓄積した疲労を休めるための副交感神経が活躍できるまでにタイムラグが発生するのです。つまり、6時間の睡眠時間をみっちりと休息に利用できていないのです。

さらに悪いことに、この生活リズムでは、朝の起床時間に全くの余裕がありません。疲れていてもそうでなくても、強制的に8時半には起きなければなりません。これでは疲れをそのまま会社に持っていってしまうことになります。この悪循環はどこかで断ち切らねばなりません。

そこで、例えば23時の食事+休憩の後にすぐ風呂に入ってゆっくり身体を休め、たとえば1時くらいに眠りにつき、そして7時くらいに起きるようにしたらどうなるでしょうか。

まず、食事+休憩+風呂、というリラックス時間を取ることで副交感神経が優位な状態に持っていくことができます。つまり、この時間を過ごすことで眠る準備が万端な状態になります。ここから6時間眠ったとすると、既に身体を休める準備ができているため、6時間の睡眠時間をより有効に利用できます。

さらに良いこととして、朝7時の起床時に身体の声を聞くことができます。つまり、今日はまだ疲労が残っているからもう少し眠っておこう、といったように、体調を優先することが可能です。もちろん、特に問題なければ普通に起きれば良いのです。

で、起きたら必ず窓を開けて明るい空を15秒ほど眺めます。これで頭がすっきり目覚めます。体内時計は25時間周期ですから、ここで24時間周期にリセットするわけです。このリセットがないと、日中ボーっとしたり、徐々に夜型生活にずれ込んでいったりしてしまいます。つまり日中を元気で過ごすためにできるだけ朝の段階で覚醒状態を高めるのがよいのです。

こんな状態で勉強をやれば、仕事の疲れも取れているし、かなり捗ります。朝に強い方は無意識に実践されているかもしれませんが、そうでない方はぜひ意識的にやってみてはいかがでしょうか。


・・・ということで、ここ2週間ほど実践していますが、なかなか良い感じです。まだ少し身体の疲労は残っていますが、今までよりは随分良くなったと思います。
スポンサーサイト
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (3) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。