--年--月--日(--)--時--分 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
スポンサー広告 l top
2010年12月23日(木)15時13分 
先月のTOEIC-IP試験のスコアレポートが届きました。

AMはこんな感じです。

TOEIC201011AM

★ABILITIES MEASURED まとめ★
リスニング(455点)
 要点推測(短文):95%←86%←79%←95%←89%←86%←A0%←92%←89%←86%
 要点推測(長文):86%←86%←91%←90%←86%←91%←87%←91%←84%←90%
 詳細理解(短文):84%←A0%←95%←A0%←A0%←89%←90%←A0%←A0%←A0%
 詳細理解(長文):95%←86%←87%←94%←87%←89%←84%←95%←83%←88%
リーディング(460点)
 情報推測:A0%←92%←A0%←A0%←A0%←93%←95%←A0%←A0%←94%
 情報理解:87%←94%←A0%←A0%←94%←A0%←94%←A0%←93%←90%
 情報関連:A0%←90%←91%←A0%←96%←A0%←84%←89%←A0%←81%
 語彙理解:93%←86%←87%←82%←83%←89%←92%←93%←67%←79%
 文法理解:92%←88%←96%←93%←96%←89%←93%←92%←89%←88%
(過去3回との比較で、青字→最高点赤字→最低点
(100%は都合上A0%と表記)


今回の敗因は、ずばり「短い会話の詳細理解」です。これまでほぼ100%の正解率だった項目でしたが、今回は84%という、他の項目との比較でも最低の正解率となってしまいました。

おそらくここはPart2の正解率の低さが要因だと思います。自分では出来たつもりでいたのですが、そうではなかったようです。もう少し明確に聞き取れるようになる必要があると感じました。


★★★★

さて、先日は大学で輪講の司会を担当しましたが、一人が外国人で英語の発表でした。発表後に会場から質問を受け付けるのですが、何と質問者がゼロ・・・。

こういった輪講や学会発表においては、質問が出ない場合は司会が自ら質問する、という暗黙のルールがあります。

そこで、たどたどしくも何とか英語で質問をしてみました。英会話の経験がほとんど無いので聴衆の前で英語を話すことに抵抗を感じつつも、文章を頭の中で組み立てながらゆっくり喋ってみました。発音にも自信がなく、伝わらなかったらどうしようと思いましたが、質問の意図は伝わったようで、いろいろと回答してもらえました。残念ながら回答の内容はあまり理解できませんでしたが、とりあえずは体裁が整いホッとしました。

やはり、英語を使う機会があると英語を頑張る気力が湧いてきますね・・・。勢いに乗って当日はTOEFLのリスニング本を買って帰りました。これからもどんどん英語の実力を高めていこうと思います!

今年もあと僅かですが、限られた時間の中でみっちりと勉強していきたいです。
スポンサーサイト
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
TOEIC l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。