--年--月--日(--)--時--分 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
スポンサー広告 l top
2011年12月31日(土)15時29分 
先日のTOEIC-IPのAMが到着しましたのでアップしておきたいと思います。

TOEIC201111
TOEIC_AM201111

★ABILITIES MEASURED まとめ (過去10回分)★
リスニング(485点)
 要点推測(短文):88←90←95←86←79←95←89←86←00←92
 要点推測(長文):96←89←86←86←91←90←86←91←87←91
 詳細理解(短文):00←00←84←00←95←00←00←89←90←00
 詳細理解(長文):97←90←95←86←87←94←87←89←84←95
リーディング(450点)
 情報推測:88←94←00←92←00←00←00←93←95←00
 情報理解:00←00←87←94←00←00←94←00←94←00
 情報関連:96←00←00←90←91←00←96←00←84←89
 語彙理解:93←96←93←86←87←82←83←89←92←93
 文法理解:84←00←92←88←96←93←96←89←93←92
(過去3回との比較で、青字→最高点赤字→最低点
(100%は都合上00と表記)


全体的に、リスニングの成績が上昇し、逆にリーディングが低下していました。前回は文法が100%だったのですが、少し気を抜くとやはり元に戻ってしまうようです。また、これまで得意だった情報の推測についてはおそらく引っかけにハマってしまったようで、自分では大体正解できたと思っていたのにスコアが思うように出ませんでした。

逆に、ほとんどできなかったと思っていたリスニングは正解率が高まる結果となりました。Part2の取りこぼしが短文の要点推測に影響を与えてしまったようで、ここは自己採点と一致しています。しかしPart3以降も大した理解はしていなかったと思いきや、概ね正解を叩き出していたようです。

今後は、自分でも納得いく出来栄えで、かつスコアにもそれがしっかり反映されるような結果が得られるように頑張っていきたいと思います。


ということで、今年の記事更新はこれで最終となります。来年は英語もそのほかの学問も、効率良く成果を上げていけるよう、計画的かつ無理のないように取り組むことを心がけたいと思います。

それでは皆様、良いお年をお過ごし下さい。

スポンサーサイト
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
TOEIC l コメント (0) トラックバック (0) l top
2011年12月28日(水)19時58分 
今年も残すところあと僅かですね。

さて、毎年恒例となりました「今年使用した英語学習教材の纏め」について記しておきたいと思います。

1.
新TOEIC TEST 単語特急2 語彙力倍増編新TOEIC TEST 単語特急2 語彙力倍増編
(2010/09/17)
森田鉄也

商品詳細を見る

ちょうど一年前、年跨ぎで使用していた教材です。コンパクトで持ち運びに便利。内容もTOEICに特化した問題が多数掲載されていると思います。難易度はそれほど高くはないので、900点を目指す人であればサクサクと解き進められると思います。


2.
受験英語からのTOEFL Test iBTリスニング受験英語からのTOEFL Test iBTリスニング
(2008/09)
Z会編集部

商品詳細を見る

特に学術的な英語を聞き取る訓練をしようと購入した教材。テキストの確認は購入当初に少々行っただけですが、今でも気が向いたときに聞き流しています。TOEFLの教材なので1問の文章が5分位続きます。聞き続けた効果か他の教材の効果かは分かりませんが、最近はテキストを確認しなくても大体内容を把握できるようになってきています。もう少しテキストを確認しながら暗唱するなど、実用的に使いこなせるまでやり続けようと思います。


3.
解きまくれ!リーディングドリル TOEIC TEST Part5&6解きまくれ!リーディングドリル TOEIC TEST Part5&6
(2010/05)
イ イクフン

商品詳細を見る

会社学習用に購入した教材。とにかく問題数が多い!3月のTOEIC用に実施していました。900点越えを狙っているレベルでも8割の正解がやっと。。。
結局、2周目の途中で挫折(というより会社の休憩時間がほとんどないため続行不能)となってしまいました。余裕が出たらまたTOEIC前に実施しておきたいです。


4.
英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる
(2010/08/12)
松澤喜好

商品詳細を見る

リスニングやスピーキングを鍛えようと購入した教材。最初の方はかなりみっちりやりました。seaとsheの「シ」の発音の違いをたたき込みました。
・・・が!途中で全くやらなくなってしまいました・・・。別の教材を買ったことをきっかけにやらなくなってしまったので、中途半端に新しい教材に手を出すのは良くない、ということですね。。。気を付けたいと思います。
ただし、この本はかなり良い本だと思いますので、学会などでスピーキングが必要になる少し前に再開しようと思います。


5.
1日1分レッスン!新TOEIC TEST 千本ノック!4 (祥伝社黄金文庫)1日1分レッスン!新TOEIC TEST 千本ノック!4 (祥伝社黄金文庫)
(2011/09/01)
中村 澄子

商品詳細を見る

言わずと知れた千本ノックの新刊です。11月のTOEIC直前に一気に取り組みました。前半はかなり難易度が高く、TOEICの実力がメッキリ落ちてしまったと思いましたが、後半はかなり簡単でした。この教材は文法的な解説が少ないため、初学者は先に別の本をマスターしてから取り組むといいと思います。おそらく800点を狙うレベルであれば特に気にならないと思いますので、短時間でPart5,6の総ざらいをしたい人には重宝する教材だと思います。


6.
CNN English Express

最近のメイン教材になっています。月刊誌ですが1冊を1か月で終了させるのはほぼ無理です。私は大体3か月くらいかけて、しかもスクリプトを厳選して取り組んでいます。

今ではスクリプトの暗唱も取り組んでいます。今のところ2スクリプトをセレクトして暗唱できるようになりました。まだナチュラルスピードの音声と同じ速度でオーバーラッピングできるレベルではありませんが、やや遅い「ゆっくりスピード」の音声よりは速い口調で話せるようになっています。

この2つをもう少し反復訓練したら3つ目の暗唱を実施しようと思っています。教材はCNN-EEに限らず、1分程度のもので良さそうなものを見つけ、身になるまで反復したいです。



・・・

今年の英語学習は、TOEIC特化型の学習ではなく、実践英語の習得にシフトした気がします。そのため使った教材数は例年より少なく、その代わりに身体に染み付くまで反復する訓練を多数実施しました。また、途中で止めてしまったものもあったので、この点は反省点として来年に活かしたいと思います。今年と来年は英語以外で本気に頑張らなければならない学問もあるので、今よりさらに英語の勉強時間は減らさざるを得ないと思われますが、できるだけ現状維持を、あわよくば実践英語だけでも実力を高められるように、学習効率を意識しながら取り組んでいきたいです。


今回は一年の総ざらいとして教材の振り返りを実施しましたが、今年のブログ記事はあと1回、先日のTOEIC-IP試験のスコアシート掲載を予定しています。

★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2011年12月21日(水)01時38分 
本日、TOEIC-IP試験の結果が公開されました。

最近は2週間ほどで結果が分かるようになっていたのですが、今回はそれよりも1週間遅れでの発表で、まだかまだかと若干やきもきしました。

今回の結果はこんな感じです。

 結果→ T:935(L:485、R:450)
 予想→ T:900(L:445、R:455)

予想より若干良い結果となりました。ようやく900点台で安定してきているようです。

しかし最近の予想は完全に外れることが多いです。特にリスニングは、自分では全然できていない気がしているにもかかわらず、スコアには影響がないというパターンが多いようです。

その理由としては、内容はあまり良く理解できていないけれど何となく概要が掴めていて、さらにTOEIC的にありえない選択肢だとかを消去法などによって正解が導けてしまっているパターンなのでしょう。

スコアは高いに越したことはありませんが、現状は全く使い物にならないリスニング力と言っていいと思います。実際、一番重要なはずの研究のプレゼン英語があまり良く理解できないですし、質疑応答の質問が全くと言っていいほど理解できないことが多いです。

これは現実的には致命的になりかねないと思うのですが、TOEICのスコアとしては比較的高い値が出てしまっているので、どうしたものか悩みどころです。とはいっても、単にTOEIC特化型の学習の効果で高いスコアが出ているだけだと思いますので、特に悩む必要もない気もしていますが。


自分では良く分かっています。実用的な英語力を高める訓練が足りていないのです。


ということで、今後は「感情暗記型」の英語学習を実践していきたいと思います。


暗記型というと、単なる詰め込みをするだけで全く役に立たないというイメージもあるようですが、ここでいう暗記型の学習は少し違ったものかも知れません。


端的にいうと、30秒程度のスクリプトを暗記して、これを毎日念仏のように唱えるような訓練をしています。


実は今までも似たような訓練をしたことがあったのですが、英文の上っ面を暗記できた時点で止めてしまっていました。その時は絶対に忘れないほど暗記した自負があったのですが、今となっては何の身にもなっていないと思います。要は文字を暗記した状態で終了していたのですが、時間がたつと忘れてしまい、さらに適切なシチュエーションで活用できない、という致命的な欠点があったように思います。

このやり方の敗因としては、「言いたいことのイメージと英語の言葉とが結びついていない、結びつく前に訓練を止めてしまっている」ということに尽きると思います。


英語の堪能な人は、たとえば英語劇などのセリフを大量に暗記した経験がある人が多いようです。
そのような訓練を積んでいる人は、感情をこめて英語のセリフを声に出す訓練を大量に実践しています。
つまり、感情の表現と言葉とが完全に結びついて身に沁みこんでいるということになります。


自分の感情を表現するための言葉として英語を捉えている点が、英語を記号のように覚えて表面だけを暗記する方法との大きな違いであり、表層的な暗記による学習では絶対にその感覚は磨くことはできないと思います。


なので、感情暗記型の英語学習のステップとしては、

 英語スクリプトの選定 → 英文の暗記 → 一字一句間違えずに暗唱できる(ここまでが準備段階)
  → 感情を込め、シチュエーションをイメージして復唱する → 自分の生活の中でこのシチュエーションが出てくることをイメージして復唱する
   → 発音もお手本に近づけられるように意識して復唱する → 使われている英語表現のニュアンスを想像しながら復唱する
 → ・・・(とにかく覚えたスクリプトのシチュエーションが自分の感情と完全一致するまで復唱) → 学習終了

 → 次のスクリプトを選定して繰り返す

という感じになります。


これを思いついてすぐに実践したくなり、手始めにCNN-EEの30秒程度のスクリプトについて上記を実践してみました。

今では当然いつなんどきどこでもこのスクリプトを復唱できるようになっていますが、更には、似たような状況であれば別のシチュエーションにも応用ができるような気もしてきています。


同じスクリプトを2週間ほど、お風呂に入った時などに30回程度繰り返しているので、もう300回以上は復唱していると思います。これくらいやってみると、ようやく僅かながら英語が身に染み込んだかな、、、という感触が得られるようになりました。選ぶスクリプトが短めのものなので、覚えるだけなら1日でOKですし、一度覚えたら風呂などのテキストを読めない環境でも訓練ができて好都合です。


今は、また別の30秒程度のスクリプトを暗記している最中で、これも2週間くらいはずっと復唱する予定です。


スクリプトの選び方としては、自分の興味のある分野や、仕事で使わざるを得ない英語文章をそのまま覚える、といったものが良いと思います。私も研究論文のアブストを暗記対象にしようかと思っていますが、今は音声付きの方が良さそうなのでCNN-EEにしています。そのうち論文暗記をする予定です。


ということで、TOEICのスコアに拘るだけではなく、自分が納得して使いこなせるツールとしての英語を習得すべく試行錯誤を繰り返しています。今回の学習法もできるだけ長く続けられたら良いかなと思っています。

★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
TOEIC l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。