--年--月--日(--)--時--分 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
スポンサー広告 l top
2009年01月04日(日)16時55分 
英語学習法に関する纏めの続きです。

(3)適応的反復法(続き)

【考察】
(1)反復学習を停止できる確信度
 前述の通り、×○、○○、△○、の3通りについては、次回の学習で○となる確率が高く、以降の反復学習を終了しても学習効果に大きな影響を与えないことが分かった。○○の後が○となる確率が97.3%、△○の後に○となる確率が93.3%、となる点については了解性が高いが、×○の後が○となる確率が100%、となる点については分析が必要と思われる。

 不正解×の後に自信を持って正解○となる設問は、他と比べて特殊な設問と考えられる。このような状況には以下のような背景があると想定される。
 ・単純ミスによる×だった。
 ・初めは実力で間違えたが、解説が非常に印象的で覚えやすく、実力として定着した。
 ・英語は理解できないが、設問のシチュエーションが頭に入ったため誤答の余地が無くなった。
いずれにしても他の設問より印象が強く残っていることになり、反復学習を停止しても問題は無い。

(2)総実施問題数の比較
 本手法の学習効率を把握するためには、1冊分の学習を完了するまでに実施する総問題数を定量的に算出する必要がある。本手法は、問題に応じて反復回数が異なるため、上記の200問の模試データにより、総実施問題数を推定する。また、従来手法「3回反復法」との比較を行うことで、本手法の効果を示す。

 まず、従来の3回反復法の総実施問題数は
  200問 × 3回 = 600問
となる。

 次に、本手法の実施問題数について求める。上記結果より全問題は最低2回は反復することになるため、
  200問 × 2回 = 400問
は必須となる。

 3回目の実施問題数は、上述のデータより
  60問
と推定される(詳細データは割愛)。同様に、4回目、5回目の推定結果はそれぞれ
  27問、 13.2問
となる。反復ごとの実施問題数の遷移を確認すると、
  60→27→13.2
となるため、実施問題数は約半数に減少していくことが分かる。

 これにより、実施問題数が0.5問未満になる10回目の反復までを合計すると、総実施問題数は
  513問
となることが分かった。

 従って、従来手法である「3回反復法」に比べ
  87問(全体の15%)
ほど実施問題数が少なく済むことが分かり、本手法は効率的な学習法であることが分かった。

(3)学習漏れ率の比較
 教材を終了する際、まだ習得していない問題の実施を止めてしまう「学習の漏れ」が生じる可能性がある。本手法では確信度が低い場合は反復を続けることになるため、学習漏れが少なくなることが予想される。

 ここでは学習漏れを「○にならない状態で終了した問題」と定義し、本手法の学習漏れが従来手法よりも少なく、学習効果が高いことを示す。なお、推定に使用するデータは上述と同一とする。
 
 まず、従来の3回反復法の学習漏れ問題数は、3回反復完了時点で
  31件(全体の15.5%)
であることが分かった(詳細データは割愛)。

 次に、本手法の学習漏れ問題数について推定する。上述の通り、2回は必ず反復することになるため、3回目を実施しなかった問題について、学習の漏れとなるケースを洗い出す。その結果、
  4件
について、学習を停止したものの次の実施で○にならないケースがあることが分かった。

 4回目においては、
  3件
ほど漏れるケースがあると推定された。以降も同様に推定すると、概ね10回目の反復を考慮した場合の学習漏れ問題数は
  10件(全体の5%)
となることが分かった。

 従って、本手法は3回反復法と比較して漏れ問題数が
  21件
ほど減少することが分かり、学習効果が高いことが分かった。
 
【結論】
(1)本手法は以下の通り、学習効率と学習効果の両面において有効性が確認された。
 ・総実施問題数は、3回反復法が600問に対し本手法は約513問となり、約15%削減できる。
 ・学習漏れ問題数は、3回反復法が31問に対し本手法は約10問となり、約68%削減できる。


(2)実施手順は以下の通りに纏められる。

 [STEP1] 参考書や問題集を最初から最後まで順に解き、解答を1つずつ確認する。
 [STEP2] 各設問ごとに、「○/△/×」の記号を付ける。
 [STEP3] 各設問ごとに、これまでの記号列が反復停止条件を満たすかを確認する。
   具体的には、前回・今回の記号が以下の場合は停止条件を満たす。
   (1)×○ (2)○○ (3)△○
 [STEP4] 反復停止条件を満たさない問題のみ、条件を満たすまで反復して解く。
   ただし反復の際は同じ問題をすぐに実施しないように一週間程度の時間を空け、
   短期記憶に残らない状態で取り組む。
 [STEP5] 全問題について反復停止条件を満たした場合はその教材を終了する。


【課題】
(1)例えば2回○が出た場合に、3回目をやる効果が全く無いかどうかについては議論の余地あり。明らかに簡単な問題に改めて取り組むことで、読解速度の向上などが見込まれる可能性もある。
(2)今回は問題の確信度を3種類に分類したが、より効率的な分類方法が存在するかもしれない。

【コメント】
 今回提唱した方法は、2008年の年末に検討した内容です。なので学習効果などについてはあくまで推定値でしかなく、今のところ実績のある方法ではありません。
 しかし、今後の学習をより効率的に実施していきたいという発想から考案した学習法なので、今年はこの方法をメインに実施していきたいと思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上が学習法の纏めです。かなり雑ぱくに書いてしまったので不明瞭な点や検討が不十分な点もあるかと思います。ご自身の学習方法を模索されている方などの参考になれば幸いです。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
学習法 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
えむちさん、遅れ馳せながら明けましておめでとうございます。

この英語学習法についてのシリーズの解析は、事細かくされて、次にどのような事をすべきが具体的に描かれていて、とても興味深かったです。えむちさんは、理系なのでしょうか。以前にもエクセルを使った解析などをしていたので、文系の方がこのような手法はなかなかしないのではないかと思って書いてしまいました。くだらないことでスイマセン。

また、お邪魔させて頂きますので、今年もどうぞ宜しくお願い致します。
2009.01.06 Tue l Ryuukai. URL l 編集
Ryuukai さんへ
こちらこそ、明けましておめでとうございます!コメント頂き有難うございました。

>この英語学習法についてのシリーズの解析は、事細かくされて、次にどのような事をすべきが具体的に描かれていて、とても興味深かったです。

 ご感想をお聞かせ頂き、本当に有難うございます。このような検討段階の内容をブログで公開するのは大変おこがましい限りですが、折角あれこれ考えたのでどなたかの参考になれば、、、と思い、正月休みに書いた次第です。。Ryuukai さんに読んで頂けて報われました(^^)

>えむちさんは、理系なのでしょうか。以前にもエクセルを使った解析などをしていたので、文系の方がこのような手法はなかなかしないのではないかと思って書いてしまいました。

 仰るとおり理系出身です!といいますか、良くも悪くも完全に理系人間です。何でも定量化・一般化しないと気が済まない気質なので、物事が遅々として進まないことも多々あります。。。Ryuukai さんもエンジニアとの事なので理系出身の方でしょうか。ともあれ理系の知識や発想を英語学習にも活かしていきたいですね!

 それでは本年もどうぞ宜しくお願いいたします。またRyuukai さんのブログにもお邪魔させて頂きますm(_ _)m
2009.01.07 Wed l えむち. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emuchi.blog35.fc2.com/tb.php/150-b4babc35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。