--年--月--日(--)--時--分 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
スポンサー広告 l top
2009年11月21日(土)06時32分 
木曜日の夜に電車の座席から立ち上がった瞬間、なぜか尾てい骨が痛み、金曜日の朝は激痛で目が覚めてしまいました。金曜は一日辛かった・・・。でも歩くだけなら問題なかったので、某大学近辺を散々歩き回ったりして過ごしました。昨晩は早く寝たので今朝は5時過ぎに起きてしまいました。尾てい骨の痛みはだいぶ弱まってきました。良かった・・・。心身の健康はホントに重要ですね。。

1.
CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試
(2009/06/17)
小石 裕子

商品詳細を見る
[TEST1]
1) 1(9/10) 2(25/30) 3(22/30) 4(23/30) 5(34/40) 6(10/12) 7(47/48)
2) 1(10/10) 2(30/30) 3(27/30) 4(28/30) 5(40/40) 6(12/12) 7(48/48)
3) 1(1/1) 2(18/18) 3(14/16) 4(14/14) 5(22/22) 6(8/8) 7(7/7)
[TEST2]
1) 1(9/10) 2(24/30) 3(28/30) 4(27/30) 5(26/40) 6(11/12) 7(47/48)
2) 1(10/10) 2(27/30) 3(29/30) 4(26/30) 5(35/40) 6(12/12) 7(47/48)
[TEST3]
1) 1(10/10) 2(27/30) 3(24/30) 4(23/30) 5(34/40) 6(9/12) 7(44/48)
2) 1(09/10) 2(28/30) 3(29/30) 4(**/30) 5(39/40) 6(10/12) 7(-1/48)
(※青字が追記分、-記号は実施中(誤答数を表記)、*記号は未実施)

1日少しずつ進めています。正解率は微増に留まっているようです。1周目で解いた記憶もかなり薄らいでいますが、Part7などは比較的良く理解できていると思います。今日中に終わらせる予定です。

2.
NHKラジオ入門ビジネス英語 2009 10 (NHK CD)NHKラジオ入門ビジネス英語 2009 10 (NHK CD)
(2009/09)
不明

商品詳細を見る


ついに10月号最後のユニットの暗唱も完了です!!
結局、2ヶ月近く掛かってしまいました。全力で取り組むと必然的にこれくらい掛かってしまうようです。

11月号以降、やるかどうか迷っている間に12月号が店頭に並んでしまいました。

ピックアップされている部分だけでも暗唱し運用できるようになればいいかな・・・と思えば今からやる価値もありますよね。あまり完璧を追い求める必要も無いので、折角だから続けてみようと思います。


3.
英検2級語彙・イディオム問題500 (英検分野別ターゲット)英検2級語彙・イディオム問題500 (英検分野別ターゲット)
(2006/03)
旺文社

商品詳細を見る

1) 1(60/66, 51/54, 25/30) 2(65/90, 28/34, 18/24) 3(56/72, 11/12, 5/6, 3/6, 4/6)
1) 模1(17/20) 模2(16/20) 模3(18/20) 模4(12/20) 模5(17/20)
2) 1(64/66, 52/54, 28/30) 2(**/90, **/34, **/24) 3(**/72, **/12, */6, */6, */6)
2) 模1(**/20) 模2(**/20) 模3(**/20) 模4(**/20) 模5(**/20)

2周目に入りました。会社で時間があるときに取り組んでいます。1日20問以上は進められるよう、出来るだけ設問をすばやく読むようにしています。速読の訓練にもなっている感じ。まだ道は長いですが、地道にやっていきたいです。

----

これからはCNNの音読をメインに頑張ります。NHKラジオ教材の音読・暗唱の方は、教材を買いだめしておきながら、範囲を限定して並行的に取り組みたいです。またTOEICのIP試験も1週間後なので、今週はTOEIC対策を優先にします。
--------------------------------

■大学院進学への道(その5)

今回は(3)についてです。ちなみに、昨日の金曜日に大学に行って願書を取ってきました。この話は項目(5)に追加しましたので、おいおい紹介します。

 (0)大学院に行って博士号を取ろう!という気持ちを高める 
 (1)大学院(研究室)を選定する
 (2)先生と連絡を取る

 (3)先生と面会する ←
 (4)会社内の手続きを取る
 (5)願書を取りに行く(New!!)


先生との面会に際し、現在の業務内容と事前に相談すべき内容を纏めておきました。たとえば、
 
 ・在学年数 ・通学頻度 ・在学中に執筆すべき論文数 ・研究テーマの提案

などでしょう。私はパワーポイントの資料を12枚程度(ほとんど業務内容)に纏めて印刷しました。さらに、これまでに執筆した論文の別刷りも持参です。

さて、、当日はお昼くらいに会社を抜けて、大学へ向かいました。一応は社会人ですし、手ぶらで行くのも何だなあ・・・と思い、駅ビルで手土産を買いました。学生時代にはこんなことを全く考えなかったので、少しは成長したのかも。

という感じで意気込んで向かいましたが、そのため40分以上早く到着してしまいました。仕方なく、大学周辺を歩いてみました。最寄り駅が2つあるようで、来た駅とは違う駅に向かう道を確認しようと歩いたのですが、途中で道が分からなくなり少々焦りました。人の流れを見ながら歩いていったところ、何とか再び大学へ戻れました。

そして、約束の時間丁度に先生の部屋に向かいました。

挨拶を交わし、手土産を渡して、早速資料を用いて説明をし、色々と御意見を伺いました。

主な論点は、(1)どんな研究テーマを実施したいのか、(2)研究に関する権利関係で問題は発生しないか、(3)通学頻度・在学中に必要な成果はどのようなものか、などでしょうか。

研究テーマの選定は、3年で卒業できるかどうかに大きく関わってくるようです。業務とは無関係な新規テーマを選ぶと作業量が増えてしまい、3年での卒業は苦労するようです。

しかし、業務と密接に関連すると、権利関係で問題が生じるようです。大学での研究成果が会社でも有益と判断されても、元の権利が大学に帰属するため製品への搭載が困難になる、という話になってしまいます。

また、在学中の成果については、過去の論文+アルファの構成とできれば、それほど多くは求められないはずですが、通常の博士課程に比べて掛けられる時間が少ないことと、上記の権利関係の兼ね合いより、見極めが難しいようです。なので当日には明確な線引きは出来ませんでした。通学頻度に関してはかなり柔軟に対応してもらえるようで、必須科目を取り続ければ、研究室へ向かうのは業務との兼ね合いでフレキシブルに対応してもらえるようです。

今回の訪問は1時間限定であり、ご挨拶と大まかな状況を把握するといった意味合いが強く、全容が明確に決定したというものではなかったのですが、大体の様子や方向性が見えてきたため、有意義なものとなりました。

今回の話を会社に持ち帰り、綿密に研究計画を練ることになりました。

(つづく)
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emuchi.blog35.fc2.com/tb.php/249-db5bdd65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
JUGEMテーマ:外国語学習 まずは、無料で3つの英語教材を受け取ってみてください。 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ >> 1日3分!ありえない英語速習法【カリスマ英語トレーナー】L 「こわいくらい英語が身につく!」・・と、 ク...
2009.11.23 Mon l 情報商材ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。