--年--月--日(--)--時--分 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
スポンサー広告 l top
2008年06月29日(日)02時12分 
今日はTOEIC、英語関連の本を購入。

1.TOEICテスト 新公式問題集Vol.3
2.入門ビジネス英語7月号
3.ホノルル・オアフ島(日本語で書かれた旅行ガイド本。英語を使う計画を立てるため。)

単語の本もいろいろ調べたが、やはり今使っているものを使い続けようかと。

究極の英単語SVL〈Vol.2〉中級の3000語究極の英単語SVL〈Vol.2〉中級の3000語
(2006/12)
アルク英語出版編集部

商品詳細を見る

この本、amazonのコメントを見る限りでは賛否両論あるらしいですね。そのコメントの中には「単語をランク順に羅列しただけに過ぎない」という酷評もある。

この本の基本構成は、例文と共に単語の見出し語が並んでいるものが半分強、例文の無い単語が半分弱、である。例文の無い単語については「使用例」が併記されており、短い語句が書かれている。さらには赤シート付きで日本語訳を隠すことができる。構成的にも比較的読みやすく、個人的には特に問題は無いと思っているのだが、どうなんでしょ?

上記の酷評は、例文の無い単語が多いことが問題で、全単語に網羅的に例文を付けるべきだ、ということを指摘しているように思う。これについては、例文ではなく「使用例」を見れば使い方の概要は把握できるので問題ないと思っており、むしろ例文をいたずらに増やして学習しにくくすることを防止しているようにも思える(特に名詞については無理やり例文にする必要性はないように思う)。それとも、「究極」と銘打つことが気に食わない、ということを言いたいのだろうか??それとも、ただ自分に合わなかったことを理由付けしたかっただけなのだろうか???

まあ、ネットでのコメントは書く人の趣味嗜好や表現の仕方が多種多様で、「鵜呑み」する必要は全くない(当然私のコメントも同様である)。他者コメントを参考にする場合は、複数の出処からの情報を比較的多く集め、統計的に判断することが重要である(amazonの酷評コメントは、7件中2,3件であるから、統計的に少なすぎる)。そして結局は自分の判断が一番重要かと。

ちなみにこの単語帳、TOEICに出題される単語の傾向とは異なっている。しかし、TOEICに出てこない単語も知っておかないと不都合のあることは良くある。たとえば多読をやっていると、ビジネスとは関係の薄い単語などは、特に児童書を読んでいると頻繁に出てくる。児童書に出てくる単語の難易度は一般的には簡単なはずだが、TOEIC学習では身につけられないものも多いと思う。この単語帳はそういった単語もときどき出てくるので重宝している。量が膨大なので時間がかかるが、じっくりやっていこうと思う。

★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
英語 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emuchi.blog35.fc2.com/tb.php/26-040c75c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。