--年--月--日(--)--時--分 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
スポンサー広告 l top
2011年06月25日(土)12時11分 
昨日はTOEICのIP試験でした。

対策は、2日前からTOEICミニテストを1回だけ解く、という程度。

早速受験記を。

フォームは4DIC15です。


Part1
全体的に簡単でした。おそらく10問正解。

Part2
久々だったので、4,5問迷いました。
集中力が途切れまくり。
凄い短い会話も、何を言っているのか分からず勘でマーク。
おそらく、8割程度かと。

Part3
初めの方はかなり聞き取れず、何問か諦めました。
途中から、何となく勘が戻ってきたようで、調子が上がりました。
ただ、ちょっとした推測問題に引っかかりそうになりましたが、
微妙に聞き取れていなかったので引っかけなのかどうなのか、判断に迷いました。
こちらも8割程度の正解かと。

Part4
勘が戻った状態ではありますが、微妙に聞き取れないものもあり、
おそらく8.5割程度でしょう。

Part5
分からない問題が5問程度あり、勘を頼りに急いで解きました。
正解は大体8割程度でしょうか。
残り時間は60分。

Part6
全問簡単でした。おそらく10問は取れたと思います。
残り時間は53分程度。

Part7
やや迷う問題がありましたが、大体正解できたのではないかと思います。
引っかけ、あるいは答えを決めかねる問題もありました。
ペース的にはちょうどぴったりに終わりました。
多分、8.5割は取れたでしょう。


【全体】
まず驚いたのが、リスニングで「聞き取れるけど何を聞かれているか分からない」
「今聞いたばかりの内容が思い出せない」という、久々な感覚を味わいました。
たとえば「How」と聞かれたのは分かっているけれど、「Howって、どんな意味だっけ?」という感じ。
その解釈に時間を取られて回答時間が迫ってくる、という悪循環に陥るパターンです。

リーディングについては、英文を読むことは普段からやっているのでそれほど迷うことはありませんでした。
ちょっと単語を忘れかけても、大体推測で読み進められました。文法や語彙問題はダメなのでしょうけど。

さらに今回は、設問で何を聞かれているのかが分からなくなるケースがいくつかありました。
たとえば、話し手は誰か、なのか、誰に話しているのか、なのかの判別がつかなかったり、という感じ。
つまり、TOEICで良く問われる形と、日常的に使う英語とのギャップがあり、TOEICで問われるパターンが頭から抜けてしまっている、そんな状態だったと思います。


【予想】
おそらく今回は、
 L:420、R:430、T:850
これくらいでしょうか。900は確実に無理です。


【今後】
まず、現在取り組んでいる「反復精聴」ですが、TOEIC的には効果がないことが判明しました。深く理解するのは、スピーキング力を付ける(自らが使えるレベルに持っていく)にはうってつけですが、そもそも「リテンション能力」が付きません。

つまり、すでに何度も聞いている英文の場合は、あまり集中して耳を傾ける必要がないのです。一方、初見の英文に出会った場合、「この人は何を言おうとしているのだろう」という意識で英文を聞く訓練ができます。
精聴の場合、このような意識がおろそかになりがちです。

なので、これからは基本的に「多読・多聴」をベースとし、その中で実際の会話で使いたい英文を自らピックアップし、深く身に付けるようなスタイルで学習していきたいです。

それから、時々はTOEIC対策も(少なくとも試験の数週間前には)やった方が良いかなあ、と思いました。

英語以外の別件で時間がほとんど持って行かれている中、学習時間を捻出するのは大変ですが、あれこれ工夫をしながら少しずつでもいいので実用英語を鍛えていきたいです。
 
★FC2 Blog Ranking★(宜しければクリックをお願い致します)
日々の英語学習 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.07.08 Fri l . l 編集
Re: こんにちは
匿名さま、コメント有難うございます!

さっき聞いた内容が飛ぶ、、、私もかなり思い当りますね~。
TOEICの場合はある程度は設問を先読みをすることが必要ってことなのでしょうかね。
たしかに母国語の試験だったら無意識にそうすると思いますし、そうするのが自然ですよね。
何気なく設問を眺めながら耳を傾ける、って感じで。

お互い今後とも頑張りましょう!
2011.07.09 Sat l えむち. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://emuchi.blog35.fc2.com/tb.php/349-eedba8f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。